社長挨拶

四日市合成の技術力は、世界を支える技術力

四日市合成株式会社のホームページにアクセス頂き、誠に有難うございます。2018年4月1日より社長に就任いたしました祝迫浩一です。

当社は、1959年(昭和34年)に受託製造専門会社として設立され、来年の2019年で創立60周年を迎えさせて頂く事となります。その間、受託製造だけでなくファインケミカルメーカーとして種々開発品を上市してきた中で、様々な製造技術を育成してまいりました。現在では、酸化エチレン、フェノール類、エピクロルヒドリン、アリルアルコール、トリメチルアミン等の特殊な原料を用いたユニークな製品ラインアップで国内外のお客様にご愛顧頂くまでに至っております。

地球的規模の課題である環境、エネルギー問題などの顕在化、IoTやAIの進化により、経営環境は急速に変化してきています。そういった中にあっても、今後も第一工業製薬グループの一員として、企業理念である「ファインケミカル合成技術を磨き、お客様に満足いただける魅力ある製品を効率よくスピーディーに提供致します」を肝に銘じて活動して参りたいと存じます。

今後ともなお一層のご支援、ご指導を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
代表取締役社長