四日市合成の技術

多様化するニーズに応え

お客様のニーズが多様化するなか、当社が保有する多品種少量の生産システムと研究開発力はお客様の要求に幅広くお応えしています。商品の品質の安定はもとより、地球の環境と共生しつつ、安全の徹底を図り、公正で透明感のある事業活動を行うことにより、社会の責任を果たす中で、夢の実現に向け、お互いを尊重し、自らを革新し続けます。

コア技術の構築強化と周辺拡大

四日市合成(株)は、酸化エチレン誘導体である非イオン界面活性剤の製造から出発して、グリコールエーテル、フェノキシエタノール等の各種アルキレンオキシド付加物の開発、および界面活性剤原料であるアルキルフェノール類への展開をはかり、また一方では、エピクロロヒドリン誘導体への展開として、各種グリシジルエーテル類の品揃えや各種4級アンモニウム塩類の開発を手がけてきました。
当社は設立から約50年間の技術展開の中で、アルキレンオキシド付加、グリシジルエーテル化、アルキル化、第4級アンモニウム塩化などを、確かなコア技術として培い、またこれら技術を活用し、さまざまな製品を世界に向けて送り出しています。
長年培ったコア技術を構築・強化することで、製品の機能を高めるだけでなく、人へのやさしさや環境への配慮など社会的な責任も果たすよう努めています。また、蓄積された製造技術とフレキシブルな製造設備をさらに活用するため、関連する製品の受託製造や共同研究開発についても積極的に承っています。

化学が創る新しい夢。これからも私たちは、夢を求めて技術に磨きをかけ、高度な研究開発にチャレンジしていきます。

技術マップ